自主調査レポートRJCリサーチが行った自主調査レポートをまとめています。

インドネシアにおけるミセス向けアパレルに関する調査2014.10.27

株式会社RJCリサーチは、株式会社ホンヤク社と協同で、インドネシア、タイ、ベトナムの3か国において手軽に実施できる「CaRSA(カルサ)」の提供を10月24日より開始致しました。
本サービスの提供開始に先立ち、自主調査として「インドネシアにおけるミセス向けアパレルに関する調査」を実施しましたので、お知らせ致します。

【調査結果のポイント】
1.市場規模
・衣料品全体の市場規模は、推定43.4兆ルピア(約4340億円)
・衣料品の支出割合は支出額全体の2.06%

2.市場展望
・インドネシアはムスリムファッションの中心地として注目されている
・観光クリエイティブ経済大臣が「ローカルブランド/デザインの開発のためのプログラム」を組むなど、政府もファッション分野を重要な産業と位置付けている

3.市場概況
・Zara、UNIQLO、H&M、Mangoなどのファストファッションブランドが進出
・大手ECサイト(Blibli.com、BERRYBENKA、ZALORAなど)のほか、売買(交換)サイト、個人サイトを利用したインターネット上での取引が活発
・代表的なローカルブランドは、Hammer、Coconut island、The Executive、Major Minor
・代表的なムスリム向けブランドは、ZALIA、NurZahra

PDFをダウンロード (666KB)

お問い合わせ

リサーチ事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ