自主調査レポートRJCリサーチが行った自主調査レポートをまとめています。

住みたい街についての調査『住みたい街ランキング(大阪・兵庫編)』2015.04.30

1. 重視ポイントは「利便性」、「ステータス」

現在、大阪と兵庫に住んでいる人を調査対象とし、住んでみたい駅について尋ねた結果をランキングにすると、1位は梅田駅となりました。
選んだ理由として「交通の便が良いから」「おしゃれだから」「飲食店が充実しているから」の3点が多くあがりました。
2位から4位には兵庫県内の駅がランクインしました。芦屋川駅では「高級感があるから」が、西宮北口と三宮駅では「おしゃれだから」「商業施設が充実しているから」の2点が住みたい理由として多く選ばれました。

2. 住む街を決める際に重視するポイントは、「安全、安心がある」、「交通の便がよい」

住む街を決める際に重視するポイントは、「安全、安心感がある」、「交通の便がよい」、という結果が出ました。
住みたい駅を選んだ理由としてはおしゃれ感や充実した商業施設が多く挙げられましたが、
実際に住む街は毎日の生活を考え、安心感や利便性を重視する傾向があるようです。

3. 不動産情報サイト利用状況

不動産サイトについて、「知っているもの」と「利用したことがあるもの」に分けて尋ねた結果、
「知っている・利用したことがある」の両方でSUUMO(スーモ)が1位となりました。2位はHOME’S、3位はエイブルでした。

詳細につきましては、下記をご参照ください。

PDFをダウンロード (595KB)

お問い合わせ

リサーチ事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ