自主調査レポートRJCリサーチが行った自主調査レポートをまとめています。

『管理栄養士の選ぶ最もコスパのよい食材』に関する調査2014.09.26

株式会社RJCリサーチ(東京都渋谷区、代表取締役社長:槙 武彦、以下RJC)は、株式会社エス・エム・エス(東京都港区、代表取締役社長:後藤夏樹、以下SMS)と協働し、『管理栄養士の選ぶ最もコスパのよい食材』に関する調査を実施致しましたのでお知らせ致します。
本調査は食材の「栄養価面」と「価格面」の両面に明るい管理栄養士を選定する必要があるため、SMSの保有する管理栄養士、栄養士のためのポータルサイト「エイチエ」に登録している全国の会員を対象に調査を実施し、113人から回答を得ました。

◆ 調査結果のポイント
1. 値段は加味せず「栄養価の高い」と考える食材は「鶏卵」(72.6%)がトップ
2. 「節約した料理を作りたい」と思った時に使う食材は「もやし」(65.5%)がトップ
3. 「価格の割に栄養価が高い」(=高コスパ)と考える食材は「鶏卵」(73.5%)がトップ
「節約しつつ栄養価をとるために有効な食材」例として以下が挙げられる。

140926_research01

4.  節約しつつ栄養バランスを崩さない献立作成のポイントは「一汁複菜」「野菜(を使うこと)」「蛋白質(を必ずとるlこと)」「旬(のものを使用すること)」であった。

140926_research02

5.  節約しつつボリューム満点のオススメ食材(または料理)として、多く挙げられていたのは「もやし」「豆腐」「キャベツ」「玉ねぎ」など安価かつ市場価格の変動が少ない食材

140926_research03

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象者 管理栄養士、栄養士のためのポータルサイト「エイチエ」会員で、「管理栄養士」として稼働している20-69歳の一般男女個人
サンプル構成 男性 5 名、女性 108 名
調査期間 2014 年 8 月 27 日(水)~8 月 31 日(日)
調査実施機関 株式会社RJCリサーチ
調査内容 1. 値段は加味せず、「栄養価の高い食材」といえば何か (非助成想起で3食材回答)
2. 「節約した料理を作りたい」と思った時に使う食材は何か (非助成想起で3食材回答)
3. 「価格の割に栄養価が高い」(=高コスパ)と考える食材は何か (非助成想起で3食材回答)
4. 3.で回答した食材を使用した料理例
5. 節約しつつ栄養バランスを崩さない献立作成のコツ
6. 節約しつつボリューム満点のオススメ食材、または料理

PDFをダウンロード (623KB)

お問い合わせ

リサーチ事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ