ケーススタディーリサーチ事業におけるケーススタディーをご紹介します。

台湾のBtoC / CtoC型のEC事業のサポート

お客様 ECベンチャー企業
地域 台湾
提供サービス 海外 / 国内市場調査、年度計画策策定・実行、業務改善 / ITシステム計画策定・実行

背景

とある台湾国内で有名な事業家が巨額なシードマネーを背景にB to C/C to C型のEC事業を創業し、グローバル展開することを目指していました。創業後は台湾、中国およびシンガポールでサービスを展開し、次の進出市場として日本を検討していました。

課題

日本進出に際し、クライアント企業には日本市場を精通している人材を抱えておらず、全く白紙の状態から日本EC市場環境に適した事業戦略策定をする必要がありました。

ソリューション

日本市場での事業戦略を策定するうえで、まず日本のEC市場環境を調査し分析いたしました。B to BおよびC to Cの市場規模、今後の市場予測、競合他社分析等を通じ、日本市場でのクライアント企業の強みであったSCM力を考慮し、日本市場で独自の事業を提案しました。そのプランを評価していただき、具現化するためクライアント企業様と議論をかさねながら、詳細な事業戦略、KPIを含めた数値計画、株主構成やストックオプションプランも含むファイナンス計画を策定いたしました。

結論

プランを具現化すべく日本での会社設立、パートナー企業との交渉、人材採用等を実施し、日本事業立ち上げに向けサポートしております。

お問い合わせ

海外事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ