自主調査レポートRJCリサーチが行った自主調査レポートをまとめています。

第4回共同調査レポート 「インバウンドレポート」 (2016年7-9月期)発行のお知らせ2016.11.09

night_banner1

株式会社RJCリサーチ(東京都渋谷区、代表取締役社長:川田 隆太、以下RJCリサーチ)と株式会社ナイトレイ(東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 豊、以下ナイトレイ)は、2社共同で第4回「インバウンドレポート」(2016年7-9月期)を発行しましたのでお知らせいたします。

本レポートは、ナイトレイが提供する訪日外国人のSNS解析ツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」により解析したデータを基に、RJCリサーチが四半期ごとに集計・分析を行い、両社の共同レポートとして定期発行するものです。

今回は第4回(2016年7-9月期)として、訪日外国人観光客が、微博(ウェイボー:Twitterに似た中国最大のSNS)やTwitter(ツイッター)等で日本国内滞在中に発信した投稿のうち、約22万件のSNS解析結果データを集計対象として、投稿の発信地点となった全国の観光スポットを、総合ランキングおよび5つの部門別ランキングにまとめ、分析を行いました。

NewsRelease_20161109_pic00

◆調査結果のポイント

[1. 総合ランキング]
「東京ディズニーランド」が「USJ」を抜いて初の総合トップ
「幕張メッセ」「江の島」「代々木公園」もTOP20入り

▸ 第1回(2015年10-12月期)の調査開始以来、「USJ」の後塵を拝し続けていた「東京ディズニーランド」が初のトップランクイン

▸ トップ10の顔ぶれは前回(2016年4-6月期)から大きく変化はないが、夏シーズンにあたる今回は「幕張メッセ」「江の島」「代々木公園」が新たにトップ20に加わった。

▸ 前回と比べて投稿量が特に増加した発信地点は「東京ディズニーランド」「USJ」 「幕張メッセ」「富士山」である。他方で「東京ドーム」「上野公園」「新宿御苑」では大きく減少し、「東京ドーム」「新宿御苑」はトップ20から外れる結果となった。

NewsRelease_20161109_pic01

[2-1. 見物スポット編ランキング] ※歴史的建造物やランドマークなどを「見る」ことを主に楽しむ観光スポット
見物スポットは「大阪城」と「東京タワー」が2トップ

NewsRelease_20161109_pic02

[2-2. プレイスポット部門] ※体験型有料施設などで「遊ぶ」ことを主に楽しむ観光スポット
プレイスポットは「東京ディズニーランド」と「USJ」が2トップ

NewsRelease_20161109_pic03

[2-3. 自然スポット編ランキング] ※自然公園や緑地・水辺など景勝で「憩う」ことを主に楽しむ観光スポット
 自然スポットは「富士山」がダントツ第1位

NewsRelease_20161109_pic04

[2-4. グルメスポット編ランキング] ※生鮮品や飲食メニューなどを「食べる」ことを主に楽しむ観光スポット
グルメスポットTOP3は「かに道楽」「一蘭」「歌舞伎町一番街」

NewsRelease_20161109_pic05

[2-5. ショッピングスポット編ランキング] ※商業施設やショッピングストリーで商品を「買う」ことを主に楽しむ観光スポット
ショッピングスポットTOP3は「六本木ヒルズ」「サンシャインシティ」「ダイバーシティ東京プラザ」

NewsRelease_20161109_pic06

night_banner1

お問い合わせ

リサーチ事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ