電話調査調査員が対象者に電話で質問し、
回答を聞き取る調査手法です。

電話調査

弊社では熟練した多くの電話調査員を保有。BtoC調査、BtoB調査ともに対応可能で、特に、一般社員から上級管理職までを対象とするBtoB調査の経験が豊富です。また、海外クライアントからも多くのご依頼をいただいており、その経験を生かした精度の高いサービスを提供いたします。

訪問調査の特長

  • 短期間、低コスト

    広範囲にわたる地域を調査する場合も、比較的短期間、低コストでの実施が可能です。

  • 誤解のない回答

    調査の注意点を調査員が直接対象者に説明できるため、誤解のない回答が得られます。

  • 長時間の調査は不向き

    長時間の調査(質問量が多い調査)には向いていません。

  • BtoB, BtoC 対応可能

    特に、一般社員から上級管理職までを対象とするBtoB調査の経験が豊富です。

  • 熟練したスタッフ体制

    熟練した多くの電話調査員が質の高さをお約束します。

電話調査の手法について

RJCリサーチでは、3つの電話調査方法に対応しています。

PAPI

電話調査員が電話で回答を聞き取り、紙の調査票に記録する方法です。

【PAPIの特徴】
  • ・ 調査実施までの準備が比較的短時間で可能
  • ・ 複雑なロジックがない調査票を使用する案件に効果的

CATI

コンピュータのプログラミングによって、調査票の作成からデータ回収・集計までを一貫して行う電話調査方法です。

【CATIの特徴】
  • ・ 複雑なロジックがある調査にも対応可能
  • ・ 納品までの実施期間の大幅な短縮が可能

CAWI

インターネット上の調査画面を用いて、電話調査員が対象者から聞き取った回答を入力する方法です。
お客様自身で調査画面を作成された場合にも対応いたします。

【CAWIの特徴】
  • ・ 複雑なロジックがある調査にも対応可能
  • ・ 調査画面作成からご依頼、お客様が作成した調査画面で実施のみのご依頼、いづれにも対応可能

電話調査&インターネット調査スイッチモード

電話調査からインターネット調査への切り替えができる方法です。
対象者が、電話でインタビューを受けるのではなく、インターネット上で好きな時間に回答することを望む場合に使用します。

【電話調査&インターネット調査スイッチモードの特徴】
  • ・ 複雑なロジックがある調査にも対応可能
  • ・ 調査画面作成からご依頼、お客様が作成した調査画面で実施のみのご依頼、いづれにも対応可能

設備に関して

  • 実施設備

    弊社では10台の電話調査専用ブースを保有しています。調査に応じて電話ブースの増設が可能です。世論調査や選挙予測調査などの大規模な電話調査にも対応いたします。

  • 実施スタッフ

    RJCリサーチでは、専門の研修を受けた電話調査専門スタッフと熟練した電話専門調査員を保有しています。電話調査実施中は、スタッフが専用ブースに常駐し、電話調査員のマネジメントとモニタリングを随時行っております。

サポート事例

業種 情報・通信サービス
事例 ソフトウェアの市場動向分析のため、企業のIT設備管理責任者を対象に、OSなどソフトウェアの利用状況について電話インタビューを実施した。

予算例

提供サービス 調査実施 / ローデータ納品
サンプル数(回収数) 100サンプル
設問数 15問(約10分)
対象者 企業の責任者
納品物 ローデータ納品・自由回答納品
納品日程 約3週間

上記のケースですと、約150万円です。

※ 費用は、提供サービスの範囲、調査内容、対象者条件、分析内容、日程などによって変動いたします。
御社のご要望に合わせてお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

リサーチ事業に関するお問い合わせはフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者より、ご連絡いたします。

ページトップへ